福祉の資格には、どんな種類があるの?おすすめは、どれ?
福祉の資格には、どんな種類があるの?おすすめは、どれ?

福祉の仕事がしたい

jjjjjjjjjjuuuuuuuu

どんな仕事でも人のためになる仕事というのはうれしい仕事です。人のためになる仕事にもさまざまな仕事がありますが、看護師や介護士など、体や心が弱っている人のサポートをする仕事はとても過酷です。

過酷すぎてやめてしまう人も多いです。しかし、やめてもまた同じような仕事がしたいと戻ってくる人が多いのも人のために役に立つ仕事なのです。

人のために役に立つ仕事はいろんな仕事がありますが、その中でもやはり福祉関連の仕事が人気があります。

直接人と接しながら、その人を様々な観点からサポートする福祉関連の仕事は、非常にやりがいがありますし、また、自分が担当した人が笑顔になると自分もうれしいものです。相手の喜ぶ顔を見ればつらさも吹き飛んでしまうほどです。

しかし、一口に福祉の仕事といっても、福祉の仕事には実にたくさんの仕事があります。資格がなくても働くことができる仕事から、資格がなければ働くことができない仕事まであります。

福祉の仕事についてみたいという人たちのために、福祉の仕事について紹介しましょう。

こんなにたくさん!!福祉の仕事

福祉の仕事を大きく分けると、介護系と相談系、全体をアドバイスする仕事や、言葉だけでは伝わらない人たちに手話や点字で通訳を行う人たちの仕事などがあります。

介護系は高齢者や身体、知的障害を直接介護して日常生活をサポートしていく仕事です。入所や通所の施設の場合、寮母や介護士と呼び、自宅にいる人たちのサポートを行う人たちは、自宅へ訪問して仕事を行うため、訪問介護員院と呼んでいます。

同じ施設で働いていても、介護などは行わず、利用者の声に耳を傾け、いろんな方面からアドバイスを行うのは、指導員と呼ばれる仕事です。

相談系の仕事はたくさんあります。まず福祉全体の流れを把握し、保護や援助を必要としている人たちに、適切なアドバイス行うのは社会福祉士やケースワーカーです。

また、病院などから退院して、社会復帰を行うときに、さまざまな相談に乗るのが医療ソーシャルワーカーや精神保健福祉士です。

近年はできるだけ自宅で、家族が面倒を見るところも増えてきました。そうなると介護をする家族の負担や不満が多くなってきます。

そこで様々な社会資源を利用しながら家族の介護への肉体的精神的ストレスを軽減させるため、介護を必要としている利用者の介護計画を立てていくのはケアマネージャーの仕事です。

そのほかに、困っている人たちの悩みを聞き精神的な自立を支える心理カウンセラーや、点字や手話などの通訳者などの仕事があります。

福祉関係の資格には、どんなものがあるのか?

福祉関係の仕事において、まず真っ先に思い浮かべるのは、障害者や高齢者などを直接介護しながら日常生活を支える介護士です。

介護士になるには実は資格は関係ありません。熱意とやる気さえあれば、学歴も関係のない仕事です。しかし、より効率的に、相手にも負担をかけさせないで、長く続けたいというなら介護に関する資格を取っておいたほうが良いです。

介護関係の仕事には、ヘルパーや介護福祉士の資格があります。ヘルパーは受講した講座によって受けられる級が変わってきますが、ヘルパー3級であれば、直接対象者に触れる仕事はできません。

そこでヘルパーでも対象者を移動したり、体位交換などの介護を行いたい場合は、ヘルパー2級以上の資格を取得するか、介護福祉士の資格を取得するのがおすすめです。

介護福祉士は国家資格ですが、取得しておけば介護に必要な基礎の知識や技術がすべて身についていると判断されます。

同じく国家資格に精神保健福祉士があります。精神病院などに入院している精神障害者の社会復帰を支援する仕事をしています。

精神障害者が社会に適応して生活するために必要な知識や技術が身についていなければならない仕事のため、そのための知識や技術を習得することになります。

福祉関連の最高峰ともいわれる社会福祉士も又、福祉関係の国家資格です。ソーシャルワーカーともいわれ高齢者や障害者、生活に困っている人たちの相談に乗りいろいろな方面から助言や支援を行う仕事です。

oooooooooooooooooooooopppppp

福祉関連の国家資格以外の資格

国家資格の次に優遇される資格として公的資格があります。介護系の資格でいえば介護職員初任者研修があります。ヘルパーの資格をより高度にした内容の資格です。

講習会を受けることで誰でも取得でき、取得すればホームヘルパー2級程度と同じような処遇で扱われます。

介護を必要としている人と介護サービスをうまくコーディネイトするのは介護支援専門員(ケアマネージャー)です。介護を必要としている人たちの状態を把握し、適切な福祉サービスが受けられるように計画を立て、その計画がきちんと実行されているかを見守ります。

公的な資格の中では受験に必要な条件などがあるほか、福祉全般を覚えていなければいけない資格なので難易度は高めです。

そのほかに補装具などの相談に乗る福祉用具専門相談員や、高齢者や障害者が自宅で生活するにあたって、どのように住環境を変えていけばいいのかなどをアドバイスする福祉住環境コーディネーター、手話や点字の通訳者などの資格があります。

最後に民間資格ですが、手話の技能検定や視覚障碍者生活訓練専門職、医療福祉環境アドバイザー、サービス介助士など様々な資格があるので興味がある人は是非ためしてみてください。

国家資格や公的資格は受験資格がある場合が多いですが、民間資格であればだれでも受けることができるものもあります。

福祉系の人気の資格はこれ!!

hfththhhhhhhhhhhhhhhhhtth

人のために役立つ福祉の仕事。仕事によっては資格がなくても働ける職種もありますが、資格があったほうが有利だったり、資格がなければその仕事ができないという資格もあります。

そのため、自分が就きたい福祉の仕事に関係のある資格はできるだけ取っておいたほうが、就職するにも転職するにも有利です。

そんな中でまず人気の高いのがケアマネージャーのレセプト作成のサポートや介護サービスでの事務全般の仕事を行うための資格です。

事務系の能力が高い方なら取得しなくても働くことは可能ですが、介護報酬などは細かく分かれているため、そのような専門的な知識を持っていると採用され安くなります。受験資格は必要なく半年ほど通信講座を受講すれば所得可能な資格です。

次に人気が高いのがケアマネージャーです。高齢化者社会が進んでいる今、介護を要する人が増える一方で、介護や福祉のサービスも増えてきて、介護を必要としているのにどのようなサービスを利用したらいいのかわからない人も多くなっています。

このように、介護を必要とする人と、介護サービス事業者を結び付け、適切な介護が行われるように計画を立てて行くのがケアマネージャーの資格です。

ただし、ケアマネージャーの試験を受けるためには様々な受験資格があるため、だれでも簡単に受けることができるわけではないので注意が必要です。

まだまだある!!福祉系の人気の資格はこれ!!

介護を仕事とする場合に一番必要なのが介護福祉士です。介護福祉士の資格は介護福祉士を養成する専門学校で勉強すれば、資格取得が楽になります。

しかし、資格を取る前にすでに仕事についてしまい、仕事をしながら資格を取得したい場合には、通信講座などで勉強し、資源を受ける必要があります。

2017年度からはすでに介護の仕事に就きながら、介護福祉士の資格を習得する場合には、3年以上の実務経験のほか、実務者研修を修了することが条件に加えられたので注意してください。

高齢化が急速に進行する中で、高齢者や障害がある人でも暮らしやすい住環境の整備が深刻な問題担っています。そこで需要が高まっているのが福祉住環境コーディネーターです。

福祉関係の仕事の人だけでなく、住宅関連の仕事をしている人にも最適な資格です。受験するための資格などはなく、だれでも受験できるので、興味がある人はぜひチャレンジしてみてください。

社会福祉士は福祉系の資格の中でもトップクラスの資格といわれています。福祉関係の専門知識などはすべて身についていなければならないほか、困っている人たちを様々な方面から手助けするサポートを行う仕事のため、一人の人を多角的にみる視点も持っていなくてはいけません。

施設や行政などで働くことができ、デスクワークが多いため、肉体労働は無理という人にはお勧めです。ただし受験資格を満たしていなければいくら勉強しても資格を受けることができないため、社会福祉士を受ける前に受験資格をしっかり確認してください。

福祉系資格の取得のための勉強方法

福祉系の資格を取得するためには、まずは各資格の受験資格をしっかりチェックする必要があります。必死に勉強して後は受験だけとなったときに、受験資格がないために、試験を受けることができないのはとても悲しいことです。

受験資格をしっかり確認して、勉強さえすれば受験することができるようになったら、資格取得に向けての勉強を行います。福祉の資格といっても様々な資格があるほか、学ぶ方法もたくさんあります。

実際講師がついてしっかりと資格に向けての勉強を行うのであれば、通信教育や通学での勉強方法がありますが、どの講座を選べばいいかわからないという人は、シカトルで探してみましょう。

シカトルは全国で行われている福祉系の資格の講座情報を沢山持っているほか、一度に複数の福祉系の資格や講座の情報をまとめて入手することができるため、並べて比較することができます。

何度資料を請求しても無料で届けてくれるため、資格を取得する前にたくさん比較して自分に合った講座を選ぶことができます。

aosaoihsjasdkajlskajdlsajda

福祉系の資格を取るための勉強方法

まずは自分がどの資格を取得するのかを考えます。国家資格や公的資格の中には、受験に際し受験資格が決められているものも多いので、自分が受験資格があるかどうかをまずは確認します。

そのうえで、介護お仕事居ついているのであれば、介護系の資格を、相談、アドバイス系の仕事についている人であればその仕事に関する資格を、取りやすいものから取得していくことが大切です。

勉強しすぎるということはないので、資格は持っていれば持っているほど仕事を有利に進めることができるので、取れるものはとっておきましょう。

福祉系の資格は、上位何人までという試験と違い、何点取れるかによって資格を取得できるかどうかが決定するので、資格に人気があるかどうかはほとんど関係はないのです。

ですが試験勉強をする際に人気がある資格だと、講師が忙しくなかなか一人一人の生徒をゆっくり相手している暇がありません。そこで、しっかりと学びたい場合には、あえて人気の少ない資格から取得していくのもいいですね。

資格を取得するためには、民間資格の場合、一定の通信講座を受けていなければ受けることのできない資格があります。

そのような資格の場合は、所定の通信教育講座を受講すれば、自宅にいても試験を受けることができ、いつでも資格が取得できるものもあります。

資格取得の勉強方法としては、取得したい資格が取得できる専門学校や、通学の講座を受講する方法と、通信教育によって勉強する方法、独学などがあります。

1番覚えられる方法は通学の専門学校や講座で勉強する方法です。資格取得対策だけでなくきちんとした知識も覚えることができます。

でも、通学している時間やお金が心配な場合は、通信教育の講座で勉強する方法もあります。

通信講座を受けている余裕がない場合には独学になります。難しい試験になればなるほど独学でとるのは難しくなりますが、参考書や過去の問題集などをしっかりこなせば資格を取得できます。

▲ページトップに戻る