福祉の資格には、どんな種類があるの?おすすめは、どれ? > 資格取得の勉強 > 実務経験があるかは資格により異なる

実務経験があるかは資格により異なる

jkllllllll

どういうものを取得するかや取得の仕方で実務経験の必要の有無が変わります。例えばヘルパー2級では経験は必要なく講座等で講習を受けて実習を行い試験を受ければ取得できます。

介護福祉士は養成施設で取得をすれば要りません。この場合の養成施設は福祉系の大学や短期大学、専門学校等を指します。

入学して一定のカリキュラムを学び卒業時共通試験を受ければ取得できます。しかし、養成施設を経由せず介護施設に就職した場合は3年以上の実務経験が必要です。経験がないと国家試験を受けることができません。

また、ケアマネジャーも相談業務の実務経験が5年以上ないと講習や試験を受けることができません。認知症ケア専門士と呼ばれる認知症に関するケアのスペシャリストも3年以上の経験がないと試験を受けることができません。

社会福祉士も四年制の福祉大学を卒業していれば経験は必要なく国家資格の受験資格が得られます。しかし、2年制や3年制のの短期大学や専門学校では2年または1年の経験が必要です。

このように養成施設に行けば全て経験に関係なく取得できるとは限りません。様々な取得方法があるので、取ろうと思ったら真っ先にどのような取り方があり、自分はどのやり方が向いているのか事前に調べて選択しておくことが大切です。

経験も年数が資格により異なってくるので、事前に年数を確認して受験にあたりどのような方法で証明したら良いかも取得する際に確認しておくことも必要です。

▲ページトップに戻る