福祉の資格には、どんな種類があるの?おすすめは、どれ? > 福祉の仕事の基礎知識 > 福祉業界が抱える問題

福祉業界が抱える問題

monda

転職分野で人気があるのは福祉業界ですが、特に介護の資格についてはこれまでに学校で学習してなくても所定の研修を受けることによって取得することができる資格もあるので初めての人でも入りやすい業界になっています。

また、介護の資格を取得した後はステップアップの福祉資格をどんどん取得していくことによって社会的な地位を向上させることができるメリットもありますが、実際にステップアップ資格の取得を目指している人は多くいます。

もちろん就職としても人気がある業界で専門学校や大学に通って必要な福祉のスキルを身につけてから福祉業界で働く人はたくさんいて、専門学校や大学で取得することができる福祉の資格は安定した条件で働くことができる地位の高い資格もあります。

人のために働くことができるという部分に魅力を感じてこの業界で働く人は多くいますが、今後は少子高齢化が進んでいくこともあって特に介護福祉の分野は人手不足になることが想定されます。

また、介護に対しての国の支援は少ないことに加えて仕事が激務ということもあって離職率についても大変高い職種となっていて常に求人がある状態ということもあって転職に転職を繰り返す人が多いのも特徴としてあります。

このような福祉業界が抱える問題というのは今後も続くことが想定されますが、福祉の多くは税金によってカバーされていることからも日本の経済状態に左右されやすいという点についても知っておく必要があります。

▲ページトップに戻る