どこが違うの?国家資格と民間資格の違いとは?

ppppppppooooo

福祉関係の仕事に就こうと思った際、資格を取ろうと思い立ったとします。その時に、国家資格と民間資格の二種類があることに気が付くでしょう。

知名度が低い国家資格もありますし、誰でも知っているような有名な民間資格もありますが、両者の大きな違いとは一体何なのでしょうか。

まずは国家資格ですが、国の法に基づき、国から委託された機関のみが試験を行うことが出来ます。そして合格した際には、一定の技術や知識があるということを、国から認定されることになります。

内容によっては、安定した職業を約束されるような大きな資格もあります。これを「業務の独占権」と言います。例えば、医師や看護師や栄養士などがそうです。

一定期間専門の学校で学ばなければ試験を受けることが出来ないなどという規制があるため、取得は困難な場合が多いですが、それだけまわりからの信用度も高いと言えるでしょう。

続いて民間資格についてです。これは、企業や民間の団体や自治体などが、独自に基準を設けて試験を行うものです。

持っていると就職や仕事に有利に働くものも数多くありますが、法律によって規制されているわけではありませんので、社内だけでしか通用しないものや、持っていても使えないものもあります。

福祉環境コーディネーターや臨床福祉士などがそうです。ただ、直接就業に結びつく取得が難しい資格や、信用度が非常に高い資格もありますので、一概に低い地位にあるとは言えません。

▲ページトップに戻る