介護の仕事の入門資格、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)

kokojoghg

介護職員初任者研修は、介護関連の仕事に就くために必要な、基本的な技術や知識、心構えなどを身につけるための資格です。

2013年にホームヘルパー2級から変更されたもので、介護福祉士を目指すなど介護業界でステップアップするための土台となる資格です。

高齢者や障害者など日常生活を1人でスムーズに過ごすことが困難な人の、入浴、食事、排泄といった身体介護、買い物、調理、掃除、洗濯といった生活援助などをおこなうための資格で、仕事以外にも、自分が身近な人を介護する時に役立つようにと取得する人もいます。

旧ホームヘルパー2級が、訪問介護のヘルパーとして働くことを中心とした内容だったのに対して、介護職員初任者研修は、施設などの職員として働くための内容も多く盛り込まれています。

また、旧ホームヘルパー2級では無かった筆記試験が課せられ、必要なカリキュラムを受講をすれば取得できるというものではなくなっています。

主な就職先としては、さまざまな老人ホームやグループホーム、デイサービスや訪問介護の事業所などがあげられ、また、病院や障害者施設の介護スタッフとしての仕事もあります。

急速な高齢化社会を迎えている日本の現状では、慢性的な人手不足の施設も見受けられ、介護職員初任者研修修了者の需要は多いといえます。

また、正職員として働く以外にも、パートタイマーや派遣スタッフなど自分のペースで勤務体制を選べる現場が多いのが特徴です。

▲ページトップに戻る