実務者研修とは、どんな資格でしょうか?

jzzzzzzzzzz

実務者研修とは簡単に説明すると以前、『ヘルパー1級』といわれていた資格のことです。実務者研修は介護職員初任者研修(以前でいうヘルパー2級)の内容を網羅し、より実務にちかい知識と技術を身につけるためのものです。

基本的な介護技術や介護の知識、介護を行う上での考えかたを研修や実技で学びます。また、『たん吸引』や『経管栄養』などの医療行為の知識も習得します。

実務経験が三年以上になると介護福祉士の試験をうけるための受験条件がクリアになるため、介護業界で長く勤めていこうと考える人にはステップアップの基礎としては取得しておくといいでしょう。

仕事の内容は介護職員初任者研修と似ていますが、医療行為の知識も習得している面からみても、介護職員初任者研修よりもより上位の資格とみなされています。

在宅介護が推しすすめられている中の中心的な事業である訪問介護では実務者研修の所得者は大いに活躍するでしょう。

また、訪問介護だけではなく、特別養護老人ホームや老人保健施設などの高齢者施設の他、障害がある人の利用する職場でも勤務が可能です。

現場での医療職や理学療法士、作業療法士などの他職種との連携を大切にし、介護現場でこれから活躍していくキーパーソンとして注目されています。

資格の取得方法としてはさまざまですが、現在持っている介護スキルによって費用が異なります。介護職員基礎研修修了者は3~5万円に対して初任者研修修了者は10~15万円が平均的な金額です。受講スクールを比較、検討するうえで参考にしてください。

▲ページトップに戻る