ケアマネージャーの役割

sdjsk-l

近年になって少子高齢化に増々拍車がかかるようになり、家族形態の変化などに伴って高齢者介護を社会が一丸となって支える仕組みになっていますが、そんな中で新しく導入されるようになったのが介護保険のシステムで2000年から施行されています。

介護保険制度が整うことはお年寄りが安心して生活をすることができる環境を作ることができることでもありますが、介護保険法から見るケアマネージャーは介護が必要な人や支援が必要な人から相談を受けてその人の状態に適した介護サービスを受けられるようにサポートします。

福祉系の資格の中で上位系に入ることもあって人気となっていますが、国家資格ではないものの取得することによって給料や就業の面での待遇がアップすることも多く人気の仕事になっています。

介護福祉士の資格を取得した後にケアマネージャーの資格に挑戦する人も多いのですが、マネジメントなどが基本となってくるので幅広い知識が必要となり多くの人が毎年のようにチャレンジしています。

福祉に関連する仕事はたくさんありますが、その中でも特に人員不足で改善が必要とされているのが介護分野の仕事であり、今後も増々人手不足になることが想定されている分野になっています。

ケアマネージャーを目指す場合は長期にわたる学習が必要になりますが、こつこつと学習を重ねていけば決して取得することができない資格ではないので目的意識を明確化させてこつこつ努力を重ねていきましょう。

▲ページトップに戻る