ケアマネージャーの資格取得に必要な条件

dsfdsj

福祉の資格の中でもレベルが高いケアマネージャーの資格は誰でも受験することが出来るわけではなく一定の条件を満たしてようやく受験することができるようになりますが、大学などに通って卒業しないと取得できない資格ではありません。

ケアマネージャーの受験資格になるのは実務経験の有無であり、介護福祉士や社会福祉士、看護師などの資格を取得している場合は5年以上仕事をしている人はそのまま受験することが可能になります。

介護の仕事との親和性の高さから介護職の人が目指す福祉の資格であることが多いのですが、看護師の人が試験に挑戦するケースも多くなっています。

国家資格がない場合でも5年以上介護の仕事をしている人は受験することが可能な場合があり、介護職員初任者研修などを受けたことがある人も受けることができるようになっています。

求められるのは高いコミュニケーション能力になりますが、介護を受ける必要がある人に対してもっとも最適なケアプランを提供する形になるので相手のことを思いやって要望などを聞いてあげることも大切です。

また、試験に合格したからといってそのままケアマネージャーとして働くことができるわけではなく合格をした後は研修を受けて修了しなければケアマネージャーとして従事することは難しくなっています。

介護施設には必要になる人材になるので多くのところで求人募集されており働く条件などもいいので人気の働き方となっています。

▲ページトップに戻る