ケアマネージャーの資格難易度と合格率

kekekenam

介護福祉士や介護職員初任者研修などの福祉資格を取得してしばらく介護の仕事に従事した後に目指すことの多い資格にケアマネージャーがありますが、福祉系の資格では上位資格になるので取得してケアマネージャーとして働くことが出来る場合は給料面での条件や待遇がよくなります。

気になるのは試験を受けた際の合格率ですが、おおむね10~20%で推移しており、以前に比べると難しくなっていますが、合格率が低くなっている背景にはケアマネージャーの数が増えたことや質を向上することなどが理由とされています。

また、誰でも受けることができる資格ではなくある程度介護の学習をしたことがある人が中心になっているので誰でも受けることができる資格の合格率と並べた場合に難しくなっているという点にも注意しなければなりません。

今後さらに合格率が低くなるようなことも十分に想定されるので早めに試験を受けることをおすすめしますが、しっかく学習をすれば取得できない資格ではないのできちんとスケジュールを立てて学習ができるように準備しましょう。

ちなみにケアマネージャーは国家資格ではありませんが、福祉の世界においては介護福祉士よりも上位の資格として取り扱われることも多く転職には非常に有利な資格となります。

ケアマネージャーとしての仕事をしなくても資格を取得していることが一つのステータスであるため合格率は低いものの取得しておいて損がない資格だと言えるでしょう。

▲ページトップに戻る