ケアマネージャーの資格に合格した後の流れ

jkl-sdsrrrrr

介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格を取得してなおかつ5年を超える実務経験があれば狙うことができる人気の福祉系資格のケアマネージャーは合格率が20%を下回る勢いになっていて難しい試験の一つとして知られています。

試験に合格するためには日々の学習が必須になるわけですが、計画性をもってきちんと学習することが大切で、必要に応じて通信講座の受講などをして学習を進めていくようにしましょう。

難易度が高い福祉系資格のケアマネージャーに合格するにはたくさんの時間を費やす必要性もありますが、合格して終わりというわけではなく、合格した後は必要な研修を受ける必要があります。

福祉系の資格としてケアマネージャーが人気となっているのは資格を取得しているだけで介護の世界で働く場合は待遇が良くなるためですが、待遇や給料の低さが問題視されることのある福祉業界ではあるものの、ケアマネージャーであればそれなりの待遇を受けることができます。

試験よりも合格した後の研修の方が大変という話を聞くことも多くありますが、試験が終わってから1年以内に44時間以上のカリキュラムを受ける必要があるので時間が多く取られてしまいます。

この研修に参加しないことには修了証明を発行してもらうことができないので、試験に合格をしてから実際にケアマネージャーとして働くことができるようになるまでには時間がかかりますが、その間に働きたい場所を探しておくのもよいかもしれません。

▲ページトップに戻る