福祉の仕事先

adsdf

人のために役立つことができる仕事ということもあって人気があるのが福祉の業界ですが、福祉の資格を取得することによって働くことができる場所は多くあります。

一般的なイメージとしてあるのが老人ホームですが、介護の仕事も立派な福祉の仕事の一つであり、介護福祉士などの資格を取得して働く人が多くステップアップ資格も多く用意されているので介護士としての地位をどんどん高めていくことができます。

ちなみに介護施設で働く場合は介護の資格を取得していることが前提というイメージがありますが、人手不足のところも多く資格を取得しないで入社して働きながら資格取得を目指すことができる場合もあります。

福祉サービスを行っている民間企業での募集もありますが、どれくらいの給料になるかという点や待遇の良さなどは働く先によっても変わってくるという点に注意しなければなりません。

また、社会福祉士の資格を取得している場合は病院で働くことも多いのですが、ここでは医療に関する保険の相談や説明をすること、患者の精神的な負担をできるだけ低減させるためのマネジメント業務なども平行して行うのが一般的となっています。

福祉業界は人材を確保することや育成をすることが課題としてよく言われていますが、今後はさらに高齢者が増えることも想定されるので福祉の業界で働きたいという人を積極的に支援する体制も必要不可欠であり、同時に働く上での就業条件の改善なども必須課題になっています。

▲ページトップに戻る