高齢者だけが相手ではない福祉の仕事

jjjjjjjjjjjjjjuju

福祉関連の業界で働くためには専用の資格を取得することが前提条件になりますが、いろいろなタイプの資格があり、所有しているスキルによって働くことができるところは大幅に変わってきます。

一般的な求人情報で特に多いのは高齢者のお世話をするグループホームや老人ホーム、デイサービスなどになっていますが、高齢者は今後さらに増えることが想定されており、同時に子供の数は少なくなっていく一方なので需要は増えることになります。

また、福祉の仕事はどうしても高齢者施設の人員が足りてないなどの理由から高齢者施設がピックアップされやすい特徴がありますが、他にも働くことができるところはいろいろあります。

知的障害を持っている子供が通っている社会福祉施設についても就業先として多くの人が従事しており、他にも地方自治体にある福祉事務所や施設についても就業先となっていますが、公務員の資格や社会福祉士などの資格を取得していることが条件になっていることもあります。

また、医療の現場で働く人も多くなっていますが、総合病院など規模の大きなところになってくると医療に関する説明や患者のメンタルサポートなどを仕事として行う場合もあります。

どのような施設で働きたいかによって所有する必要がある資格は異なってくるので注意が必要ですが、中には四年制大学を卒業することで試験を受けることができる資格が付与されるような場合もあるので仕事探しは注意が必要です。

▲ページトップに戻る