介護と福祉の違い

tisgaiuhslka

高齢者の増加が著しいことや就業する若者が減っているなどの理由から今後はさらに福祉業界の人手不足が顕著なものになることが予想されますが、福祉の世界では介護福祉士として働いている人もいれば社会福祉士として働いている人もいるので混同されがちな側面もあります。

福祉は年齢や性別、障害などの枠にとらわれることなく日常生活で身体に不自由がある人や問題がある人を対象に相談やアドバイスをして心のケアをすることなどが仕事になっていて助言や指導を適切に行って自立することを促すことも業務の一環としてあります。

そのため、福祉全般に関する幅広い知識が仕事をする上で必要になりますが、それに伴って社会福祉士という資格を取得するためには学校での長い学習が必要になり資格を取得することによって晴れて仕事をすることができるようになります。

一方の介護についても身体が不自由な人をサポートするという点では福祉と似ている部分もありますが、どちらかというと身体介助のように直接的なサポートをするのが一般的となっているのが特徴です。

資格を取得する方法にはいろいろありますが、介護福祉士の資格を取得することができる学校に通って受験資格を得ることや実務経験を積んでから挑戦する人が多くなっています。

また、就業の環境があまり良くないといわれていますが、上位の資格取得をすることで働く状況は改善されることがあるので好待遇を求めるなら積極的に資格を取得することができるように努力しましょう。

▲ページトップに戻る