国家試験を受けて介護福祉士の資格を取得する

dsjskjhdjks

介護福祉士の資格を取得する場合に取得の方法については養成施設を卒業する方法だけでなく国家試験を受けて資格を取得する方法もありますが、国家試験を受ける場合は介護の業界で3年間働くと受験資格を得ることができます。

養成施設を卒業して資格を取得する場合は時間やお金をたくさんかけることになりますが、3年間の実務研修については仕事をしながらお金をもらいつつ受験資格を得ることができるので時間やお金がない人には向いている方法です。

養成施設の場合はどちらかというと学科よりも実技に苦戦する人が多いといわれており、国家試験を受ける場合は実技よりも学科が苦戦しやすいといわれていますが、これは実務経験を積むケースにおいては日ごろの仕事がそのまま実務の練習になっていることが理由としてあります。

介護福祉士は福祉関連の仕事の中で少ない国家資格の一つになるので取得することによる価値の高さもありますが、転職をする場合も介護福祉士の資格を取得している場合はそのまま管理職として雇ってもらえる場合も多くなっています。

国家試験を受けることになるのでそれなりに学習をして備える必要もありますが、しっかり学習を積めば決して難しい資格ではないのできちんとスケジュールを立てて学習を進めていくようにしましょう。

また、福祉関連の資格は国家試験にこだわらなければいろいろあるので平行して他の試験の勉強をして集中して試験を受けるという選択肢もあります。

▲ページトップに戻る