介護事務とは、どんな資格なのか?

uuuuuuuuuuuuuuu

介護事務とは、介護施設や訪問介護サービス事業所、老人ホーム、デイサービスセンターなどで、介護報酬請求業務(レセプト作成)やケアマネージャーのサポート、利用者とご家族へのサービス案内などを行うのが仕事です。

仕事の内容としては、医療事務と近いものがありますが、介護保険の請求手続きに関する知識が必要な専門職と言えるでしょう。

とはいえ、医者などのように必ず必要な資格ではありません。しかしながら、介護施設や訪問介護サービス事業所などの採用する側としては、経験がある人か専門知識のある資格を持った人を優先的に採用するでしょう。

就職や転職に有利になるとともに、いったん職を離れてしばらくして、また再就職したい時にも役立ちます。取得のために勉強することで、お仕事のみならず、自分の家族に介護が必要になった際にも、その知識を活かすことができるでしょう。

種類としては、ケアクラーク、介護事務管理士、介護事務実務士、介護保険事務士、介護保険事務管理士、介護管理専門秘書検定資格の6種類があります。

ケアクラークなどは、難易度もあまり高くなく、短期間で取れますので、独学で勉強して修得することができます。

また、指定校の所定カリキュラムを履修することで取得できるものもあります。大学や専門学校、短大などのカリキュラムを履修し取得する方もいれば、ユーキャンやヒューマンアカデミー、ニチイなどの通信講座を受講して学ぶ方もいます。

▲ページトップに戻る