ガイドヘルパー・同行支援従業者は比較的簡単に資格取得が可能

kggggggggh

ガイドヘルパーと同行支援従業者の資格は、講座を受けると無試験で資格を取得することが可能です。

履修科目をまとめて受講すると最短1日で修了し、長くても5日程度で受講は修了します。試験がないので講座を受けると確実にガイドヘルパーや同行支援従業者になることができます。

講座には一般課程と応用課程があり、応用課程の講座の受講を修了すると、サービス提供責任者になることができます。ただし、応用課程の受講をするには、一般課程を修了していることが必要です。

ガイドヘルパーと同行支援従業者の仕事の内容は、知的障がい者や精神障がい者が外出する際に同行し、散歩や買い物などを補助することが主な業務になります。

目が不自由な視覚障がい者が外出する時も同行し、視覚障がい者をエスコートします。車の通行量が多い道路などは細心の注意を払って障がい者を交通事故から守ることが必要で、強い責任感が求められます。

階段やエスカレータなどを利用する際にも細心の注意を払うことが必要です。

障がい者や要介護者の外出時の同行だけでなく、本の代読や手紙の代筆などのコミュニケーション支援の仕事も行うことができ、障がい者や要介護者のために貢献できます。

この資格があると、在宅介護を行っている民間施設や障がい者支援施設、障がい者福祉サービス事業所などで働くことができます。

高齢者が入居しているグループホームでも働くことができ、高齢者人口の増加で就労可能な施設は増加しています。

▲ページトップに戻る