福祉の資格には、どんな種類があるの?おすすめは、どれ? > まだまだある福祉の仕事 > 介護予防運動指導員になるには?

介護予防運動指導員になるには?

kxxjjjjjjjj

介護予防という言葉の意味は、「要介護状態になることを出来るだけ遅らせること」「すでに要介護状態である場合は、状態がそれ以上悪化しないようにすること」という2つを示します。

そのような状態になるのを防ぐ役割としてある資格に「介護予防運動指導員」があります。

高齢者になると筋力が衰え、骨も脆くなり、身体を思うように動かせなくなります。そのような身体機能の低下が心理的にも影響を与え、要介護状態になってしまうケースが多くあります。

このような事態を回避するためにも、一番の状態改善へと繋がる「身体を動かす」行動が必要になります。その手助けをするのが「介護予防運動指導員」になります。

この資格は誰でも簡単に受験出来るものではなく、医療関係者や介護関係の資格を持っていたり、介護業務の実技経験が2年以上あるなどの縛りがあります。そのため、取得できると介護に関する専門知識があると評価されます。

高齢者は年々増えています。そのため、介護関連の仕事の需要は拡大しています。将来性のある業界で特殊なスキルを持っていれば、活躍できる場はどんどん増えていくはずです。

受験を希望する場合は、「財団法人東京都高齢者研究・福祉振興財団」などが指定する受講施設やスクールを受けなければなりません。

費用面では受講する場によって多少の変動はありますが、8万円前後が相場です。受講期間も5日程度から30日と受講施設によって差があります。

興味のある方は、まず近くの受講施設について調べてみましょう。

▲ページトップに戻る