医療事務なら医師や看護師じゃなくても、医療現場で働ける

dkkkkkkkkkkkkkkk

医療現場で働きたいと思っておられる方はきっと多いと思います。でも、医療関係の仕事と言えば、医師や看護師をすぐに思い浮かべられるかもしれません。

医師になるのは、ハードルが高すぎるし、看護師は、忙しくて体力的に自信がない、と思われる方も多いかもしれません。

しかし、実は、他にも医療現場で活躍しておられる方たちがいます。病院に行けば必ず会う方たち、、、それは、医療事務の方たちです。

病院の受付で会う方たちの多くは、医療事務の方たちです。では、どのような仕事内容なのでしょうか。主な業務は、受付業務、レセプト作成業務になります。

具体的には、受付業務には、患者さんに診断申込書を書いていただいたり、保健所や診察券の確認、診察料の徴収、入院手続きが含まれます。では、レセプト作成とは何なんでしょうか?

レセプトとは、診療報酬明細書の事です。私たちが受ける診察には一つ一つ、厚生労働省によって診療報酬点数が決められています。

医師が書いたカルテをもとに、診療報酬点数を計算し、それをもとに、診療費を計算し、さらに、患者さんが負担する金額を算出します。これがレセプト作成です。

医療事務には、国家資格がありません。しかし、レセプト作成の業務内容を見てもわかるように、ある程度の医療知識が必要になってきます。

現場で学んでいくこともできますが、専門学校や通信教育などで、ある程度の知識を得たうえで始めることが勧められています。

これは、医師と患者さんとの間を橋渡しする、とても重要な役割のある仕事です。

▲ページトップに戻る