子育て主婦にも人気。注目の調剤薬局事務

jjjjjjjjjjjjg

調剤薬局事務は病院や調剤薬局において、処方箋のパソコン入力、調剤報酬請求明細書を作成する仕事です。多忙な薬剤師を、事務的な面からサポートする仕事として注目されおり、資格を取って医療現場で働きたいという希望のある人に人気があります。

調剤薬局事務と一言で言っても、その資格はいくつかあり、調剤事務管理士、調剤事務実務士、調剤報酬請求事務専門士などがあります。

中でも知名度が高いのは調剤事務管理士です。2001年から実施されている技能認定振興協会が主催する、調剤事務管理士技能認定試験に合格することで取得出来ます。

勉強方法は通信教育か通学で、通信教育なら約2ヶ月、通学は短いところなら約3日で課程を修了することが出来ます。認定試験は奇数月の第4土曜日に全国の指定会場で行われています。

薬の基礎知識、保険請求事務などの学科、調剤報酬請求書作成の実技などがあり合格率は50~60%です。

医薬分業により、街の調剤薬局はどんどん増えており、それに伴い調剤薬局事務のニーズも高まっているといえます。

資格取得後は、調剤薬局で正社員として働くというより、ライフスタイルに合わせてパートタイマーとして勤務する人が多いのが現状です。

その分空いた時間を効率的に使いたい子育て中の主婦にとっても、働きやすい職業として注目されています。事務的な仕事の他にも患者さんの対応も大切な業務であり、医療従事者として、責任感と思いやりを持った行動が求められます。

▲ページトップに戻る