福祉系国家資格、社会福祉士ってどんなお仕事?

zhhhhhhhhhh

福祉系国家資格の中で最大の難易度を誇るのが社会福祉士です。どんな仕事をするのかと言いますと、実に多岐に渡ります。

というのも他の福祉系資格と違い、扱うべき範囲が広範なためです。その名が示す通り「社会福祉」全般についての専門家として働くことになります。

障害者福祉、老人福祉、児童福祉、寡婦福祉などなど・・・。その全てが対象です。それゆえ試験に合格する為に必要な知識が膨大なものとなり試験の難易度は高くなります。

しかし広範な範囲を取り扱うため、就業先の選択肢も実に多彩です。特別養護老人ホームや地域包括支援センターといった高齢者関連業界だけではなく、児童相談所、障害者訓練施設、福祉事務所など福祉と名の付くあらゆる業界で働くことができます。

ではどのような仕事をするのか?目の前にいるご本人、そのご家族が感じている不便や困ったことの相談を受け、それが解決していくお手伝いをしていきます。

その問題を解決するために法律や各種社会福祉制度、その地域で活用できる社会資源や人的資源を問題を解決するために機能するように調整をしていくことを仕事として行います。

大事なのはあくまで事態を解決するのはご本人やご家族といった当事者の方で、社会福祉士とはその方が抱える問題を解決するのを先に述べた知識や人脈などを専門家として提供することでそのお手伝いをする立場にあるということです。

どのような業界で働こうともこれは共通しています。ご本人、ご家族の問題が少しでも解決し、生活していく上で感じる不便が軽減できるよう図っていくのが社会福祉士です。

▲ページトップに戻る