高齢化社会へ向けて。今、必要とされる技術を学ぶ場

sxjjjjjjjjjjj

高齢者と話す上で対応に困ったことがある人も多いでしょう。話の長さや繰り返し、突然の涙など、高齢者とのコミュニケーションには、若い人と話す時とは違う部分があり、上手く会話を進められなかった経験を持つ人は多いと思います。

そのため高齢者に合った傾聴や話の進め方の技術を習得することは、介護の仕事についている人にとって大切なことなのです。

高齢者コミュニケーターは通信講座で受講することが出来ます。医療や福祉の場面で高齢者との信頼関係を深めたい、スキルアップしたいと思っている人に適した講座です。

受講期間は約3ヶ月、費用は3万円程度~。自宅で自分のペースで学習することが出来ます。受講のみで修了試験などはありません。

配偶者に先立たれたり、家族と離れて施設や病院で暮らす方も多く、孤独感を感じている高齢者も少なくありません。

この技術を習得することで、そんな方々に話すという楽しみや、聞いてもらえたという満足感を味わってもらうことで信頼関係が深まり、医療、介護の場面でさらにスペシャリストとして活躍することが出来ます。

また、仕事としてではなく、家族の中に高齢者がいてコミュニケーションに困っているという方や、これから高齢者に関わるボランティアをしたいと考えている方にも適しています。

もちろんコミュニケーションの基礎は相手を理解しようという姿勢であり、どの世代の人と話すときも応用することができるでしょう。一度習得すれば、一生涯にわたり生かせる技術です。

▲ページトップに戻る