転職を理由に福祉の資格を取得する場合のタイミング

yugjhhjklk

これまで働いていた会社を辞めて他の会社で働くことを転職と言いますが、福祉分野は人手不足でありさまざまな資格が用意されていることもあって福祉業界に全く違う職種から転職する人が増えています。

転職をする際に介護福祉士の資格などは実務経験が試験を受ける上で必要になるので、最初は介護職員初任者研修のように短い研修を受けることで取得することが可能な資格を目指すことが多くなっています。

介護職員初任者研修を取得して仕事をして実務経験を積むことによって介護福祉士やケアマネージャーなどの資格に挑戦することができるようになりますが、介護業界の給料や待遇は悪いといわれているものの、しっかりとスキルを身につければそれなりの待遇を受けることは可能です。

介護業界への転職を考えている場合に福祉の資格を取得するタイミングについては離職した後を検討している人も多いと思いますが、通信講座などを利用することによって離職をしなくても資格を取得することが可能になっているので仕事を辞めた後にすぐ働きたい場合は早めに準備しておきましょう。

経験がないので新しく働くことができる先がないのではないかという不安を持つ人もいるかもしれませんが、人手不足が顕著になっているところが多いのでよほどの問題がない限りは仕事が見つからないことはありません。

ただし、転職をしてはじめのうちは慣れないことも多く転職後の離職率の高さも問題の一つになっています。

▲ページトップに戻る