福祉業界で働いている人が離職する場合の注意点

hkldsdls

福祉業界は人手不足が深刻なところも多いので求人情報などをチェックすると募集をかけているところはたくさんありますが、仕事がなかなか無い現代においては安定して求人があることから新たに福祉の資格を取得して転職を考える人も少なくありません。

福祉の資格を取得する際にいろいろなタイプの資格があるので自分の適正にあった資格を取得することがポイントの一つになりますが、福祉業界ですでに働いている場合に他の職場に移りたい場合は離職する際に注意する点もいくつかあります。

まず、福祉の世界は横のつながりが大きいので離職をして他の会社に転職をする場合に新しい職場でも前の職場の人がつながっていることがあります。

そのため、トラブルを起こして離職をした場合に転職をする場合は自分の情報が回っている可能性があるので仕事を見つけて応募してもなかなか仕事が見つからないようなケースもあります。

離職をする場合はできるだけトラブルを起こさないようにすることも大切ですが、いくら会社に対して不満があってもそれをぶつけてしまうのではなくあくまで自己都合の退社ということを強調して離職の準備を進めていきましょう。

ただでさえ福祉業界は人手不足のところが多いので離職をする場合は3か月前くらいからその旨を伝えておくことも大切で、やめる会社でもお世話になったことには違いないので少しでも負担を軽減するように配慮することも大人のマナーだと言えるでしょう。

▲ページトップに戻る