福祉の資格を活かせる職場を考える

husaksal

福祉の世界は人手が足りてないところが多いものの、働くためには何らかの資格が必要なところがほとんどで福祉業界への転職を考えている場合も事前に資格を取得しておく必要があります。

これまでにまったく福祉の仕事をしたことがない場合にすぐにでも転職をしたいと考えている場合は介護福祉士や理学療法士、ケアマネージャーだと取得までに時間やお金がかかるので介護職員初任者研修を取得するのがベターです。

この福祉資格を取得しておくことで介護の世界で働くことができるようになりますが、仕事をした期間は実務経験としてカウントされるので3年ほど働けば介護福祉士にチャレンジすることができるようになり、5年ほど働けばケアマネージャーにチャレンジすることができます。

せっかく資格を取得するのであれば活かすことができる職場を探したいものですが、一般的に多いのは高齢者施設になっており、グループホームやデイサービス、ショートステイなど働くことができるところは多くなっています。

ただし、理学療法士の場合は仕事がそのまま実務経験にはならないので資格を取得するためには専門学校や大学でカリキュラムを受けて専門知識を高めていく必要があるので注意が必要です。

どの職場で働く場合も共通しているのは人が相手の仕事になるので人とのかかわりが得意な人には向いていますが、人との関わりが得意ではない場合は仕事に向いてないこともあるので自分の適性を知る必要もあります。

▲ページトップに戻る