ハローワークを活用する場合

jkldsdls

これまで働いていた会社を辞めて新たに福祉の資格を取得して転職したい場合は仕事を辞める前から情報を集めて転職の準備を始める必要がありますが、どちらにしても会社を辞めた後に仕事が決まってない状態の場合はハローワークへの登録が必須です。

勤めていた会社で雇用保険に加入していた場合は手続きをすることによって失業保険の給付を受けることができるようになりますが、失業保険は給料の半分程度のお金を約3か月にわたって給付してもらう制度のことです。

この期間を利用して福祉の資格取得を目指すという選択肢もありますが、ハローワークが行っている職業訓練の中に福祉の資格取得が可能なカリキュラムがあることも多いので該当する職業訓練プログラムがある場合は受けてみるのもおすすめです。

職業訓練のメリットは受講に費用がかからないことで失業の給付金を受けながら学校に通うことができるので生活費用に困ることなくステップアップするための知識や技能を習得することができます。

基本的に条件を満たせば誰でも申し込みをすることができますが、人気の職業訓練プログラムだと定員に対して応募が多数になるので面接を受けることになる可能性もあります。

また、仕事を探す場合も多くの求人情報を取り扱っているのでハローワーク内に設置されているマシンを使って仕事を探すことやインターネットからハローワークの求人情報をチェックして新しい職場を探すことも可能になっています。

▲ページトップに戻る