福祉の資格を書類や面接でアピールするために

disdosdsdsds

福祉関係の資格を取得している場合に転職を検討する場合は書類や面接対策をあらかじめしておくとよいですが、書類については履歴書と職務経歴書の作成が一般的となっています。

履歴書については職歴や経歴などを記入して所有している資格などを書き込むだけですが、所有している資格が福祉関連以外でも記入しておくことをおすすめしますが、資格を出していることは努力をする人というイメージを与えることもできます。

また、職務経歴書を作成する場合はフリースタイルでの作成なるのでインターネット上で公開されている情報などを基にして作成していくことをおすすめしますが、これまでに働いた会社でどのような仕事をしてきたかということや所有している福祉の資格をどのように活かすことができたかということもアピールポイントになります。

転職をする場合は間違いなく面接を受ける際に転職をする理由を聞かれることになりますが、面接を受ける場合は多くの人が緊張を伴うことになるので不安がある場合は事前にハローワークなどで開催されている面接セミナーを受講しておくと安心して面接に臨むことができます。

面接のポイントについては面接官が問うている真意を咀嚼して簡潔に答えることで、問われていることとは関係ないことをだらだら答えているようではマイナスポイントになってしまいます。

面接を受ける場合は心に余裕を持たせるためにも情報をしっかり収集しておくようにすることも大切なことです。

▲ページトップに戻る