理学療法士の資格を取得するための流れ

crrrreeeooasa

人気の福祉系資格の理学療法士になるための流れをご説明いたします。

まず国家試験に合格しなければなりませんが、誰でも受験資格があるわけではなく理学療法の養成課程がある教育機関で用意されているカリキュラムを受けて指定されている過程を修了することが前提条件としてあります。

大まかな流れとしては二つほどあり、一つは高校を卒業した後に理学療法士の専門学校に入学して学習する方法で短大でも3年間は通う必要があるので20歳を超えてから取得することができる資格になります。

もう一つの流れとしては高校を卒業した後に大学の理学療法士養成課程に通ってカリキュラムを受講する方法になりますが、その後に国家試験を受けて無事に合格すると免許を発行してもらうことが可能になります。

最短で取得するためには専門学校や短大に通う方法がおすすめですが、幅広い分野であることに加えて勉強量もかなり多くなるので余裕を持たせたい場合は大学に通って必要な知識をどんどん吸収していくという形がおすすめになります。

福祉系の仕事は男性と女性比率でみた場合に女性が多い分野が多数ありますが、理学療法士の資格に関しては男女比率でみた場合に男性の方が若干上回る形になっていて男性が多いのも特徴としてあります。

福祉の仕事全般に言えることですが、人とのコミュニケーションをきちんと図ることができることも働く上での条件となっており、取得したい資格の活かし方を考えることも大切なことだと言えるでしょう。

▲ページトップに戻る