理学療法士の資格取得に向けた勉強方法

hdksdjskjf

動作のプロと言われている福祉系の資格である理学療法士になるためには専門学校や大学に通ってカリキュラムを受ける必要がありますが、それが終わった後は国家試験を受けて合格する必要があります。

合格率という点で見た場合に60%程度の合格率である介護福祉士や20%前後の合格率であるケアマネージャーと比較すると理学療法士の合格率は80%前後になっているので試験の難易度という点で見ると簡単なように思えます。

しかし、これはカリキュラムを受講して専門的な学習をしている人のみが受けることができる資格であるということを忘れてはならず、試験を受ける人のレベルがそもそも高いので合格率が高くなっているだけです。

残りの約20%の人は試験に不合格になっているわけなので気を抜かないようにしっかり学習することが大切ですが、基本的に学校で試験対策も行っているのでしっかり学習をして勉強をすることが必須になります。

理学療法士になるための自主学習の方法についてはこれまでの試験で出題された問題を解いていくという反復学習が有効ですが、口述や実技試験などは自分だけでは難しいので学校の中でしっかりと学習しておきましょう。

福祉系の人気な資格ということもあって学校に通って資格取得を目指している人も多くいますが、福祉に興味がある人や誰かのために仕事がしたい人にはおすすめの分野です。

また、通う学校によっても合格率などが異なってくるのであらかじめ調べておきましょう。

▲ページトップに戻る