理学療法士の適正

dgfgfdgfd

理学療法士は福祉系の仕事の中でケガや病気をしている人の動作をサポートするのがメインの仕事になっていますが、試験に受けて合格するためには専門学校や大学などに通って必要なカリキュラムを受講する必要性があります。

誰でも試験に挑戦することができるわけではないので合格率が高くてもしっかり学習しないと合格は難しいのですが、せっかく試験に合格して無事に資格を取得することができても理学療法士として適正がないと上手く職場でやっていくことはできないかもしれません。

基本的に理学療法士に求められるものは体力で、これは体の運動機能を回復させることが目的となっているので物理的な負担が直接的にかかることになり、力作業がベースになってくるので体力に自信がないと難しいかもしれません。

もちろんコツをつかめば少ない負担で仕事をすることができるようになりますが、女性の割合が多い福祉の仕事の中で理学療法士に関しては男性が多くなっていて、体力を多く必要とすることなども男女比率の特徴に出ているのかもしれません。

また、前向きに仕事をすることができる心を持っていることも必須な条件で患者にとっては自分のケガや病気に対する不安も大きいのが普通なので不安を解消してあげるくらいの前向きな心は必要です。

理学療法士として働くことは福祉貢献にもなり人のために働くことができる仕事ですが、相手が人になるので積極的にコミュニケーションを図ることや相手のことを考えることができる人が重宝される分野でもあります。

▲ページトップに戻る