作業療法士との違いについて

fbghjkkjgmhgf

人気の福祉の資格には理学療法士と作業療法士がありますが、それぞれ福祉系の国家資格であり学校に通ってカリキュラムを受講して受験資格を得ることができるという点では共通となっています。

福祉の分野は今後人手不足になることが想定されているので資格を取得することによって働くことができる先というのも増えていきますが、自分の適正にあった福祉の資格を取得することも大切です。

ちなみに理学療法士は体を動かすことを支援するための仕事をするのが一般的となっており、怪我をした場合や病気をした場合に体を上手に動かすことができなくなってしまった場合などに体を動かすことができるようにサポートするのも理学療法士の仕事になっています。

就業先となるのは病院や老人施設が多くなっていますが、それぞれの就業先によって就業条件などは異なっているので事前に調べておくようにしましょう。

一方の作業療法士は心と体のケアをするのが業務となっており、日常生活を送る上で必要最低限の機能回復を促すことが目的ですが、当然ながら患者との関係性も良好ではないと難しい面があります。

作業療法士も理学療法士もケアやサポートが基本的な仕事になるので相手の気持ちをきちんと考えてあげる人が合っていますが、人と接することが基本的なお仕事になるので人とのコミュニケーションを図ることに抵抗がないことや上手に意図をくみ取ることができる柔軟性なども仕事をする上で必要な能力になります。

▲ページトップに戻る