介護福祉士の役割

hfghfhgf

人気の福祉資格の一つに介護福祉士の資格がありますが、この資格を取得することによって介護のプロであることが認められるので仕事の幅を広げることができるようになり、働く場所によっては管理者などの管理職になることができることもあります。

介護福祉士の仕事は高齢者や障害があるなど体を自由に動かすことができない人を対象として介護することですが、食事や生活の介護だけではなく生活全般を見通したうえでのサポートをするのが一般的になっています。

また、介護福祉士の資格を取得してなくても介護業界で仕事をすることができるところはありますが、高齢者が対象となる仕事ということもあって人手不足が顕著な職種であるため求人情報などをチェックすると多くの求人が出てくると思います。

この業界は仕事がハードなわりに給料や待遇が悪いといわれていますが、ステップアップすることができる資格もいくつかあるのでステップアップをどんどん図ることによって好条件で働くことができる場合もあります。

介護福祉士として働いているとさまざまな人と出会うことになりますが、人とのつながりを大事する仕事ということもあって自然と働く中で人間力が培われていくのも介護ならではだといえます。

福祉の資格を取得して転職を考えている人も中にはいるかもしれませんが、他分野からの転職の場合は最初こそ抵抗に感じることも多いかもしれません。

しかし仕事をする中でやりがいをもって自己のスキルアップをどんどん図る人はたくさんいます。

▲ページトップに戻る