養成施設を卒業して介護福祉士の資格を取得する

hujskdlsdjkshdjs

介護福祉士の資格を取得して介護業界で働くためには実務を積む必要がありますが、いきなり介護をしてくださいと言われてもどうやってしたらいいのかわからない人が大半だと思います。

また、相手が人ということもあって危険な目に遭わせるようなことがあっては絶対にいけないわけですが、そのようなことに対しての基礎的な知識というのも十分に覚える必要があるので学習時間もそれなりに必要となります。

そのため誰でも受けることができる資格ではなく所定の条件をクリアすることができた人が受けることができる資格になっており、一般的には養成施設を卒業して資格を取得することが多くなっています。

ここでいう養成施設というのは2年以上の養成施設になるので専門学校や短期大学、大学などになりますが、福祉系の学科を専修して一年の養成施設を卒業することによっても資格を取得することができます。

ただし、福祉関連の資格というのは改正も多く行われているので今後は資格の取得方法について変わってくる可能性も十分にあるので最新の情報をチェックして資格取得を目指すことが大切です。

養護施設に通ってから介護福祉士の資格を取得する場合は試験を受ける場合の負担が少ないメリットがありますが、一方で長い道のりをかけて知識や技術を習得する必要があるので資格取得を取得するためにはお金や時間が多くかかってしまうというデメリットがあるという点には注意しなければなりません。

▲ページトップに戻る