介護福祉士の勉強方法

bousjlkas

介護業界は福祉の仕事の中でも特に顕著な人手不足になっていることもあって常に求人情報はたくさん出ている状態になっていますが、介護業界で仕事をするためには介護に関係する資格を取得するのが一般的となっているのでまずは資格取得を目指す必要があります。

介護福祉士の資格については3年ほど介護の世界で従事することによって受験資格を得ることができますが、これまで長らくこの業界で働いてきたという人でも試験を受けて落ちてしまうことがあるので勉強はしっかりする必要があります。

実務経験を生かして受験する場合は実務経験に関してはこれまでの仕事がそのまま試験範囲になるのでスムーズに合格ラインに達することが多いのですが、学科については改めて問われるとわからない部分は意外と多くあります。

また、合格ラインは60%になっているものの出題される範囲については10科目と多くなっているのでしっかりそれぞれの分野を勉強しておく必要があります。

ただし、学校に通って学習をしなければ試験に合格することができないというレベルではなく独学で学習することによって十分に資格取得を狙える範囲なので仕事が終わって毎日1時間ほど勉強する習慣を身につけるとよいでしょう。

過去問が出題されることも多いので過去問の反復学習は有効的な方法になりますが、一方で介護福祉士のテキストは度々改正されているので古い過去問を勉強で解いている場合は注意する必要も出てきます。

▲ページトップに戻る