介護福祉士の資格難易度と合格率

shajksjalkls

介護福祉士として働くためには資格を取得しなければなりませんが、社会福祉士と同じく国家試験になるので資格を取得することによって国に認められることになります。

国家試験を受けるということもあって難しいというイメージを持つ人が多いのですが、合格率については60パーセント前後で推移しており中難易度の試験になります。

合格率だけで見るとやや高めに思えるのですが、この試験を受けるためには実務経験が必要なことや学校を卒業することなども条件になっているので、試験を受ける人のレベルがある一定まで上がった状態で一斉に試験を受けることになります。

誰でも受けることができる資格とはわけが違うのでそれなりに学習をしないと合格することは難しい試験になるので、試験を受けようと考えている場合は事前に学習計画をきちんと立てて対策を立てる必要性も出てきます。

筆記試験については10科目から構成される出題範囲になっており、それぞれの科目を合算した60%程度が合格ラインだといわれていますが、実際の合格率などによって補正されることになります。

また、福祉に関連した数少ない国家資格ということもあって取得することで仕事の就業条件などもかなり良くなるのではないかという期待もありますが、劇的にこれまでと環境が変わるということはありません。

基本的にこの資格は介護のプロであることを証明する資格になっているので仕事の内容についても大きく変わる部分はありません。

▲ページトップに戻る